当社は単結晶ダイモンドあるいはバインダレスcBNを刃先とする微細・精密・高品位加工用の マイクロ工具とエンジニアリングサービスをご提供いたします。
FAQ

03 | 加工

どのような被削材を加工することができますか?

単結晶ダイヤモンド工具は非鉄金属全般、HP-cBN(バインダレスcBN)は高硬度材などになります。詳細は下記資料をご覧ください。

HP-cBN(バインダレスcBN)工具には高速回転の主軸が必要ですか?

cBN工具は一般的に高速回転で使用したほうがその効果を発揮出来ます。 特にHP-cBN(バインダレスcBN)は主軸回転数が30,000min-1を超えると寿命と面精度においてその性能が顕著になります。 当社では40,00 …

硬脆性材料に対する1刃当りの切込量はどのくらいですか?

硬脆性材料では1刃当り0.1~0.5μmを推奨しています。硬い被削材ほど主軸回転数を遅くし、更に1刃当りの切込みを小さくします。

ドリルを使用した穴あけに高速回転の主軸が必要ですか?

被削材が硬脆性材料の場合は通常10,000min-1程度で十分です。 切削切屑の排出に心配が無いので機械の能力に応じて高速回転で使用することもありますが、被削材によっては加工点における滑り現象に注意を払う必要があります。

クーラントにはウェットとミストどちらがいいでしょうか?

ウェットの方が面粗度が向上します。しかし、切子の排出に問題が発生する可能性がある加工条件の場合、ミストを使用して切子の除去を優先させた方が結果的に面粗度は向上します。

単結晶ダイヤモンド工具に油を使っても大丈夫ですか?

油の使用は問題ありません。一般的に油を使用した方が面粗度は向上しますし、温度の上昇を抑えられます。

PAGETOP
Copyright © Micro Diamond Corporation All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.