ウェットの方が面粗度が向上します。しかし、切子の排出に問題が発生する可能性がある加工条件の場合、ミストを使用して切子の除去を優先させた方が結果的に面粗度は向上します。