被削材が硬脆性材料の場合は通常10,000min-1程度で十分です。
切削切屑の排出に心配が無いので機械の能力に応じて高速回転で使用することもありますが、被削材によっては加工点における滑り現象に注意を払う必要があります。